2006年8月10日

AOpen EZ661Lをメインマシンへ

昨年、Linuxサーバ目的に買ったキューブマシンを
パワーアップして、Windowsマシンへグレードアップして、
これまで、使っていた、PentiumIIIデュアルマシンを退役させました。
このPCはうるさくてかなわないので、今回の改善となりました。
AGP×8しかないので、旧世代のGeForce6800 DDR2 512MBを
追加して、VGAを大幅強化して、メモリを512MB⇒1Gとしました。
しかし、いざ、稼動させたら、HDDが60℃以上にチンチンになって、
CPUも、思ったより冷えていないようです。
仕方が無いので、HDDにファンを追加して、ケースの外部に、
強制排熱ファンを追加しました。結局5個もファンを回す羽目になって
あまり静かなマシンにならなかった。前のマシンよりは、比べ物にならないほど
静かではありますが。人間欲が出ますのでこれでも、うるさいです。

関連記事

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/127

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)