2007年10月27日

RH2400PRO-LE256H/HDをMZ-915Mに増設

MZ-915Mを計画通り、アップデートの時が来ました。
大型テレビをセカンド、ディスプレイとすることができる
環境ができましたので、オンボードのGMA 900から、PCI Express×16の
VGAカードを追加することにしました。
選択のポイント。
 ・MZ-915Mのボディーに合わせて、ロープロファイルであること。
 ・供給電源の問題が出るので、低消費電力であること。
 ・近い将来に備えてDirectX 10対応であること。(Vistaへ置き換え)
 ・セカンドポートにHDMIを搭載していること。
 ・動画再生支援機能搭載のこと。

rh2400pro-le256h_hd-1.jpg


 

 

 

 

 

 

 

これらを満たす、GPUユニットは、
玄人思考の「RH2400PRO-LE256H/HD」です。
 ・ATI製 Radeon HD2400PRO GPU
 ・コアクロック:525MHz
 ・メモリクロック:800MHz(64bit)
 ・GDDR2 256MB
 ・DirectX 10.0、HDCP対応
 ・Support:RGBx1、DVIx1(DualLinkDVI)、HDMI
 ・PCI Express x16
 ・ロープロファイル対応(ブラケット付)
ホントか嘘かわかりませんが、Experience Score
 ・Index グラフィック:3.3
 ・ゲームグラフィック:3.7
だそうです。(製品紹介のHP情報)
購入価格は、8480円とまあ、財布にやさしい。
さっそく取り付けてみると、問題が発生。


MZ-915Mの場合、HDMIケーブルの形状によっては、
増設ボードを止める金具との干渉により、使えないことがあります。
コネクタを削るか、金具を多少ひん曲げるしかありません。

CAC-HD30.jpg

HDMIケーブル : ELECOM CAC-HD30(3m) High speed(カテゴリ2)対応品
         (1080pで接続するため、HighSpeed対応品を選択すればOK)

であれば、多少無理がありますが、なんとか、接続可能。
ただし、ケーブルを接続した後、ボードを止める金具をねじ止めしています。
この金具のねじを緩めないと、HDMIケーブルは外れません。
なんか、ケーブルクランプ状態です。

 

 

 

 

 

ドライバATI8.383A(付属CDによる。)
   よくわからないのは、ATIのドライバページの最新版は、
   7.10となっているか、どうゆうことなんでしょうか。(2007/10/27時点)
   付属のCD−ROMのドライバを使うのが無難と思われます。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)