2008年5月 9日

MT4にKinarie&MayさんのFlashカレンダー設置

Kinarie&MayさんのFlashカレンダーを設置してみました。
MT4にも設置可能であることが解りました。
このカレンダーは、カレンダー上に記事が書かれた日が
色をつけて示してくれて、その記事へリンクされていて、
理想のカレンダーです。
Linux+Apacheで自宅サーバを作っている方に参考になればと思います。
当サイトは、現在、MT4.1でスタティックパブリッシングで動かしています。

1.カレンダ本体のダウンロードと設置

http://www.kinarie.com/flash/calendar/n/n_calendar300set.html

CGIが実行できるディレクトリに解凍されたフラッシュカレンダ
  n_calendar300.swf

を設置します。

パーミッションの設定

 chown apache:apache /CGI_PAT/n_calendar300.swf

 chmod 755 /CGI_PAT/n_calendar300.swf

2.アーカイブテンプレートの作成

 その1「月別XML」テンプレートの作成

   アーカイブテンプレート編集画面にて、

    ・アーカイブテンプレートを作成: ブログ記事リスト 

   で新規に作成します。

   テンプレートの名前は、何でも良いですが、「月別XML」

   としておいてOKです。内容は、下記URLです。

    http://www.kinarie.com/archives/2007/03/02_080456.php

      次に、アーカイブマップを新規に作成します。
   (保存ボタンをオスと現れます。)

    種類:「月別」
    内容:
     xml/<MTArchiveDate format="%Y_%m"$>.xml

    で作成します。


 その2「ブログ記事リスト」へ「日別」アーカイブマップの追加

    アーカイブテンプレート編集画面にて、既存のテンプレート

    「ブログ記事リスト」を選択して編集画面に行きます。

    既に、月別、ユーザ-月別、カテゴリ、カテゴリ-月別のマッピング

    存在していると思いますが、さらに、新規作成で

     種類:「日別」

     内容:yyyy/mm/dd/index.html

    を追加します。

    最後に「月別」のマッピングの所にチェックボックスが

    現れているはずですので、ここへチェックを入れます。

    (これは、その1で、同じ月別マッピングを作成したために

     どれを優先アーカイブとするかを指定するために現れます。

     これをチェックしないと、記事のアーカイブがXMLで

     表示されてしまいます。なので、その1、その2の順が

     大事です。後から設定可能ですが。。。)

3.ブログテンプレートにソースの追加

   http://www.kinarie.com/flash/calendar/n/n_calendar300source.html

  で設置するためのソースを作成してくれます。

  swfアドレス:

     http://「CGIのURL」/n_calendar300.swf 

  XMLフォルダ:

     http://「ブログのURL」/xml/

    設置場所:通常使用

    デザイン:好みで

    ソース表示ボタンで、入力したURLが反映されたソースが表示されます。

    これを、好きなところへ貼って完成。


関連記事

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/229

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)