2008年5月24日

Windows XP SP3 不具合

Windows XP SP3を適用してから不具合が出ています。

 SP3と、様々なソフトの相性確認ができてからの適用が良いかもしれません。

・ブラザーのMFC-840CLNで、スキャナ機能使用不能。

 Control centerがハングアップして、他のプロセスが応答なし状態となって、
 再起動するしか復旧できません。

・IMEの日本語切り替えの不具合

 不特定のソフトウェアで、日本語切り替えが利かなくなります。
 アプリを落として、再立ち上げで直る。

SP3は、仕事で使っているものに対しては、しばらくアップしない方が良いでしょう。
セキュリティー上、問題発言かもしれませんが、どうも現状は、改悪に感じる。
SP2を最新に保つ方が良いと思われます。まず、アプリの対応情報も少ないし、
安定を要する場合、しばらく様子を見たほうが良いかもしれません。
 ただし、ウイルスソフトウェア、ドライバ等様々なソフトウェアが悪さをしていて、
SP3自体は問題ないのかもしれませんが、トータルで環境が整わないと、
結局、使い物にならないわけで、様子見状態です。
 

関連記事

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/239

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)