2009年1月30日

やっぱり、だめだったか〜。

Windows Vista杯 自作PCの祭典 2008は、かすりもしなかった〜。

やはり、定格パフォーマンスで、このマシンは、ダメですね。

エントリーが少なかったころは、まだしも、締め切りに近づくにつれて、

とんでもないのが、どんどん出てきました。コンセプトとアピールポイントの設定のまずさが

どんどん露呈していきました。

 定格でトップ狙うには、FSB1600MHzのx2に、メモリ4機で帯域確保して、グラボをGTX295とかで

ベンチを延ばさないと、i7に、とてもではないけど勝てませ〜ん。

このマシンは、一世代前のFSB1333MHz 2.5GHzの上、FB-DIMMのAMBのオーバーヘッドのため、

高クロックマシンと比べると明らかにベンチの数値は劣っていることがわかります。

Xeon CPUは、中古でも新品のコンシュマーCPUと比べて高いし。

FB-DIMMは、ノーブランドPC2-6400 2Gが1,000円の時代に、10,000円を下らないし。

これ以上の性能を得るには、現在のマシンを、もう一機組む位、お金がかかりそうです。

 HDDの性能は、微妙な結果でした。2.5’ 7.2k HDDの8機は、コストと容量と速度バランスでは、

他のマシンより圧倒的に思いました。Cheetah 15kや、SSDと比べて、

安くて容量大きいのにベンチではあまり差が無いように思えます。現在最速のIntel IOP348採用の

RAIDカードの性能を出した時点でイーブンのように感じました。

250GBの2.5' 7.2k HDDは、2008/11で8000円、2009/1で、6280円です。

2009/1で、Cheetah 15kや、SSDは、一機50,000円を下らないので、得られる性能からすると、

微妙です。Cheetah 15kは、熱、音、消費電力も気になります。

RAIDカードの性能が、跳ね上がったら、やはり、高速デバイスでRAIDを組んでみたい気がします。

 数字上の話は、こんなもんですが、このSkulltrailマシンで、しばらく遊べそうです。

実用パフォーマンスは、このままでも十分ですが、CPU、メモリ、グラボは、気に入ったものが

手に入れば、変更していく予定です。アプリの64bit化が進めば、このままでも、当面パフォーマンスで

不満は、無さそうな気がしますが、それとこれとは、別です。

GPUにGTX295が欲しい。ドライバ180からマルチディスプレイでSLIが使えるということで、

SLIは要らないという私の常識が変わった出来事ですので、楽しみです。

 

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/258

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)