2009年3月16日

Super PI

 X5470を3.5GHzまでOCしてみました。普通に安定しています。
その後、3.6GHzまで上げてみましたが、OSは立ち上がって、フリーズは無い模様。
(Vcoreはautoのままなので1.1〜1.25V)
しかし、なんか、違和感があります。致命的には、至らずとも、
色んな保護機能が働いての動作に感じました。
Vcore をマニュアルで、上げないとダメのような感じです。

 最近は、多くのチャレンジャーの技術の蓄積で、多くの方が平然と4GHzオーバーの報告を
されていますので麻痺してしまいそうですが、よく考えると、3.5GHzは、
既に、色々配慮しないと、やばい領域です。X5470は、マージンギリギリのスペックです。
ということで、ダメージが無いうちに3.5GHzに戻してしまいました。

 これ以上は、冷却性能を上げた上で、Vcoreをいじって様子を見たいと思います。
今の状況ですと、CPUより、5400MCHや、FB-DIMMの方が不安です。RAIDカードは、
暴風にさらさないと、あっという間に90℃です。VGAは常に60℃以上。この上CPUが
爆熱を発生したら、破綻です。
 さて、Super PIのベンチ結果です。
 

続きを読む "Super PI"

このアーカイブで使われているタグ

ベンチマークテスト

X5470とE5420を比較するために、いくつかベンチマークを実行しました。
私の環境では、PCMarkや、3DMarkでは、グラボがしょぼいので、
面白くもなんともないので、Super_PIやCrystalMarkをやってみました。

こちらは、E5420@2.5GHz
CrystalMark2004R3Result.jpg

こちらは、X5470@3.33GHz

CrystalMark2004R3_X5470_3.33GHz2009.3.14.jpg


注)HDDは、ASR-51245、2.5 7200rpm HDD x 8
 Memoryは、2G FB-DIMM x 2
 VGA は、9800GTXリファレンス

 メモリ、グラフィック周りは、同FSBでも、CPUクロックが上がった分、
少し改善されるようです。メモリは、2CHしか使っていないので4CHにすると、
さらに改善されると思われます。
 体感的には、変わりませんが、重たい処理やらせて、多少改善といったとこでしょうか。

 ゲームでは、デビル メイ クライ 4のパフォーマンステストが面白いことになっています。
このハードで、ランクCです。華麗にはモンスターを倒せないそうです。
E5420から、X5470に変更しても改善されません。(当たり前ですが、笑えます。)
私は、ゲーマーではありませんが、このゲームは結構は楽しんでしまいます。
見てて楽しいし、モンスターをやっつけてストレス発散にもなります。笑
環境は、1920x1200で、エフェクトは一番重くしての話ですが、プレイ自体は普通に
できています。
 現代のPCは、グラボの性能の方が、パフォーマンスの評価に利くように思えます。
ま、これはと思ったグラボに変えれば良いだけの話です。

 しばらく、ストレージや本体系の方に、こだわってみようと思います。

2009年3月13日

Xeon X5470 Get!

 とりあえず、マシンを動くようにするために中古で買ったE5420も、
Vista杯で、凡人級であることがよくわかりました。
 最近のコンシュマー系の部品は、本当に速くて安いですね。
しかし、私のとこでは、エンタープライズ系の部品で、遊んだらどうなるかが
テーマです。
 たまたま、みつけた中古のX5470を2個ゲットしました。しかも、同ロットです。
価格は、新品の1/3以下で入手できました。2個で、Core i7 965 Extream程度の価格で
買えました。
2009年3月現在で、X5470は、15万〜19万円、i7 965は、10万前後と、
いづれにしても、相当PCに思い入れがないと買えないですね。

続きを読む "Xeon X5470 Get!"