2009年3月16日

ベンチマークテスト

X5470とE5420を比較するために、いくつかベンチマークを実行しました。
私の環境では、PCMarkや、3DMarkでは、グラボがしょぼいので、
面白くもなんともないので、Super_PIやCrystalMarkをやってみました。

こちらは、E5420@2.5GHz
CrystalMark2004R3Result.jpg

こちらは、X5470@3.33GHz

CrystalMark2004R3_X5470_3.33GHz2009.3.14.jpg


注)HDDは、ASR-51245、2.5 7200rpm HDD x 8
 Memoryは、2G FB-DIMM x 2
 VGA は、9800GTXリファレンス

 メモリ、グラフィック周りは、同FSBでも、CPUクロックが上がった分、
少し改善されるようです。メモリは、2CHしか使っていないので4CHにすると、
さらに改善されると思われます。
 体感的には、変わりませんが、重たい処理やらせて、多少改善といったとこでしょうか。

 ゲームでは、デビル メイ クライ 4のパフォーマンステストが面白いことになっています。
このハードで、ランクCです。華麗にはモンスターを倒せないそうです。
E5420から、X5470に変更しても改善されません。(当たり前ですが、笑えます。)
私は、ゲーマーではありませんが、このゲームは結構は楽しんでしまいます。
見てて楽しいし、モンスターをやっつけてストレス発散にもなります。笑
環境は、1920x1200で、エフェクトは一番重くしての話ですが、プレイ自体は普通に
できています。
 現代のPCは、グラボの性能の方が、パフォーマンスの評価に利くように思えます。
ま、これはと思ったグラボに変えれば良いだけの話です。

 しばらく、ストレージや本体系の方に、こだわってみようと思います。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/355

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)