2009年6月22日

Z'sWS水冷化 その8

Z'sWSG2_All.jpg

Z'sWS Gen2は、ここまでです。この写真では、わかりにくいですが、
2.5”HDDx4のベイを追加しました。

 水冷化で要らなくなったCPUファンの代わりに、ストレージの上に、
2個の40mmファンを配置しました。

 一番下の2段の5インチベイに収まるように、70mmファンx2を配置してます。
システム内のエアーフローの配慮と、RAIDカードを効率的に冷やすことを
考えた結果です。

 しかし、70mmのファン全開(2500rpm、21.97dBA)は、サーバーの音です。
風切り音がものすごく、周波数が高い耳障りな音です。
最終的に、RAIDカードの上にZALMANの120mmの25mm厚のを1800rpm全開にして、
70mmファンは、システムの温度に同期して、半分程度(約1000rpm)に落として回してます。

 後方排気用のFanは、Owltechの120mmの25mm厚で500〜1650rpmPWMファン
(~29dBA)としました。結局、RAIDカード上の1800rpm(32dBA)のファンが目だって、静音とは
言えない感じですが、我慢できる範囲になってます。冷房と同じ位のイメージです。

 個人的には、透明なFanにして、X-FiのLEDと、RAIDカードのアクセスLEDが
見えて見ていて楽しいです。
 今更ながら、解ったファン選びですが、dbA値は当てにらん。。。。
 Z'sWSG2.jpg

 

このアーカイブで使われているタグ

2009年6月 8日

Z'sWS水冷化 その7

お詫び:メンテミスで、しばらく、サーバが不調でした。

CPU、MCH、VRMの水冷化が完成しましたが、
効果が、どれほどのものなのか?

 Z'sWS_V2_System.JPG

システム全体でです。でかすぎて、全部入ってません。
これを前提に、部屋をレイアウトしたら、本体部は、普通のATXタワーPCですから、
冷却ユニットを適当に置けば、スペース的には、確保できるでしょう。???
 

続きを読む "Z'sWS水冷化 その7"

2009年6月 5日

Z'sWS水冷化 その6

今回は、配管です。

Tubing_2.JPG

全体的には、こんな感じです。

水冷の玄人の方々のHPを色々拝見させていただくと、
結論は、下から上への配管が良さそうです。水抜きメンテのとき楽^^

 水温は、急には変わらないから、どのブロックをどこに入れても、
差は無いと考えて、いいようです。実際やってみて、そう思いました。

 むしろ、きついRをつけると、チューブが折れてしまいますので、
これを配慮した方が良さそうです。今回は、圧損の大きいエルボを
なるべく使わないようにしましたが、ゼロでやろうとすると、無理があり、
適当に使った方が良いと思いました。このマザーは、密集しているので、
大型ブロック間の距離が短いので、余裕のある配管は無理のようです。
 

 

続きを読む "Z'sWS水冷化 その6"

Z'sWS水冷化 その5

 第一期の水冷化は、CPU、MCH、VRMとなりました。
最後のVRMの水冷化についてです。

 ここでは、苦労も無く、ついでのつもりだったのですが、
一番苦労しました。
VRM_1.JPG

これは、ヒートシンクを外したところです。この状態は、ASUSの商品紹介のHP上で、
見られるので、このICを冷やせば良いのだと、単純に思っていました。
 しかしです。実物の、ヒートシンクを外してみてみると、
その下のアンプに熱伝導シートが貼ってあって、これも冷却対象です。
 困った。。。。こんな段差を想定してませんでした。
熱伝導シートも、一番左のチップはちゃんと乗ってません。品質悪〜。
 

続きを読む "Z'sWS水冷化 その5"

2009年6月 3日

Z'sWS水冷化 その4

今回は、MCHの水枕です。
Z7S WS のMCHは、i5400です。
仕様は、Quad Ch. FB-DIMMと、PCIe 2.0 x16 2本とCPUバス2本、
ICHと接続のための8レーン分のPCIeその他です。
FB-DIMMのAMBは、高負荷状態では、ファンを回しても80℃を簡単に超えます。
こいつの受け側が4Ch.分も入ってるわけで、熱くならないわけがないシロモノです。
ということで、せっかく水冷化するなら、絶対外せないチップであります。
MCH_WaterBlockCheck1.JPG

水枕の選定は、Koolance GPU-200です。きれいにバッファー部のサイズと、
チップサイズが合っていて、これは想定どおりに、ちゃんと付きました。
しかし、だからといって、問題が無かったわけではありません。。。。

続きを読む "Z'sWS水冷化 その4"

2009年6月 2日

Z'sWS水冷化 その3

水枕編です。

 水冷コントローラとかの細かい話は、後回しにします。
やはり、水枕の最初の話題といえば、CPUしかありませんので、
こちらから、はじめます。
 Z7S WSは、LGA771と特殊です。なので、選べる水枕は少なく、
Koolance CPU-345ACとしました。
CPU_WaterBlock_Check2.JPG

こちらの写真は、干渉チェックをやってるところです。
 これを見る限り、良さそうですが、当たり前のように問題が発生しました。
ま、ポン付けで上手く行くようなら、お金に物を言わせれば、
済む話になってしまいますが、こいつは、色々やらかしてくれます。
 かなり、楽しませてくれますよ^^

続きを読む "Z'sWS水冷化 その3"

2009年6月 1日

Z'sWS水冷化 その2

冷却装置の製作に辺り、フレームは、Lubicで作りました。
5インチベイサイズのコントローラを搭載予定でしたので、
PCケースの改造等を考えましたが、Lubicの存在を知ってこれにしました。

 重たい部品をフリースペースで自分で考えながらレイアウトできるので、
創作意欲が沸きます。部品が足りなくなったら、ショップに足を運ぶこと数回で、
なんとか、落ち着きました。やっているうちに、こうしてみたい、ああしてみたいと
考えて、部品が足りなくなってしまいます。かなり、楽しめます。
 欠点は、高いことです。これだけの物を作ると3万円オーバーです。


 CollingUnit_Build_1.JPG

 この写真は、製作開始のころです。さて、どうしようと考えながら部品が無くなって、
ひとまず、置いておいた所です。

 

続きを読む "Z'sWS水冷化 その2"