2009年6月 8日

Z'sWS水冷化 その7

お詫び:メンテミスで、しばらく、サーバが不調でした。

CPU、MCH、VRMの水冷化が完成しましたが、
効果が、どれほどのものなのか?

 Z'sWS_V2_System.JPG

システム全体でです。でかすぎて、全部入ってません。
これを前提に、部屋をレイアウトしたら、本体部は、普通のATXタワーPCですから、
冷却ユニットを適当に置けば、スペース的には、確保できるでしょう。???
 

Z'SWS_V2_2.JPG

水を注水したところの内部です。

「私のマシンは、Z7SWS水冷」ってネットで極小数ですが見かけますが、
写真とかは見たこと無い。。。。ホンとかよ???。ショップで作ってもらったんなら、
幾らかかったんだ〜????って感じです。
ベンチ台上みたくの実現なら納得ですが、ワークステーションってのがあります。
 とりあえず、CPUだけ、付くのをなんとかってなら、解らんでもないですが、
コンシュマー系で水冷化されてる方の作品のような細部までこだわった水冷は、
かなり難しいです。どんなふうに実現してるのか興味ありですね^^。
こいつは、ポン付けでは、水冷化は難しいです。
すごい腕のあるショップの作品か、自作マニアでも、かなり工作できないと、
思い通りの形になってくれません。

 E5420_2.63GHz_AirCool_2009.2.13.jpg

これは、空冷のE5420 (TDP80W)を搭載していたころの温度です。
時期は、2月と、まだ室温が低く、空冷OKと思っていた頃のです。
ベンチを回すと、70度弱になります。Z7S WSの場合、CPUZの電圧情報は、
ちゃんと表示してくれません。LPCIOをW83627DHGと認識しています。
Hardware Monitor で見ると、W83627DHGの他に、W83793が認識されます。
こちらだと、ASUS ProbeやBIOSのハードウェアモニタの数字と一致しています。
 3DMark3.44GHz_WaterCooling.2009.6.6.jpg

 これは、X5470(TDP 120W)水冷の場合です。同じベンチマークを回してる
わけではないので完璧な比較ではありませんが、負荷がかかったコアの温度は、
最大でも、60度を割ってます。このときの水温は30度です。室温は、27〜8度です。
大体、水温は、室温+2〜3度程度です。多分普通の出来とは思います。

注)センサは、リザーバにつけたKoolanceの水温センサと、
TMS-200付属の熱伝対?サーミスタ?を空中配置しての比較ですので、
トレーサブルな数値ではなく、あくまで、相対値です。比較的正確な気温計買ったら、
大体で誤差がどんなもんとか言えるのですが、すいません。現在わかりません。
 

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/366

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)