2010年1月 4日

Windows 7でのHD58xx,59xxベンチマーク情報

現Windows 7のエクスペリエンスインデックスの評価は、DirectX 11対応グラボの

評価には、赤信号と思われます。実際の能力は凄いです。(念のため)

Radeon HD 5870では、7.8となります。 HD 5970では、7.7となります。

この理由は、DirectX11対応のグラボだからと思われます。

DirectX 11は、Direct X 10の小規模の拡張と変更に留まっているから、DirectX 11が

速いハードは、DirectX 10も速いはずですが、つまり、ドライバが、適切に実現されていたらの

話です。

現Windows 7のエクスペリエンスインデックスの評価には、DirectX 11特有の評価項目は

無いし、ドライバの完成度が低いと、持っているハードの能力を発揮できないでしょう。

285SLI、295SLIレベルで、7.9となるのは、DirectX 9や10に対するドライバの完成度の高さ

故でしょう。現段階では、Cypressや、Hemlockの真価は、評価不能と言えます。

以下、グラフィックの評価の様子です。

Direct3D_9 Aero.jpgDirect3D_9 Batch.jpgDirect3D_9_Alpha_Blend.jpgDirect3D_9_Texture_Load.jpgDirect3D 9 ALU.jpgDirect3D_10_Batch.jpgDirect3D_10_Alpha_Blend.jpgDirect3D_10_Texture_Load.jpgDirect3D_10_ALU.jpgDirect3D_10_Geometry.jpgDirect3D_10_Constant_Buffer.jpg

 

Experience_Index_CF.jpg

上の画面は、HD5970で、CFがちょっと効いている例です。スコアは変化なしです。

Experience_Index_None_CF.jpg

上の画面は、HD5970で、CFが効いていない例です。スコアは変化なしです。

この状況から、HD 5970は、クロックが遅いHD 5870ということになりますので、

リファレンスの標準クロックでは、7.7も納得です。

725/1000 vs 850/1200(Core/Mem)の差がありますので当然でしょう。

Windows 7は、DirectX 11が売りじゃなかったけ〜?市場の状況やグラボメーカとの

政治的なやり取りを感じてしまう。グラボとWindows 7を一緒に買ったので、

これは、読めなかった。。。。

 

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.myme.mine.nu/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/375

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)