2010年9月26日

週アス・ライブ展示 Z's WS Extreme Gen. ...

2010/9/11 「週アス・ライブ!800号記念」に新作のSR-2マシンを展示しました。

Weekly_ASCII_Live_2.JPG

(当日のマシンの様子です。撮影:週アス・自爆部メンバーSanderzさん。)

ご来場頂きました皆さま。ありがとうございました。

当日の展示風景が良く解る写真はありません。自分でも、デジカメを用意していたのですが、

撮っている余裕がありませんでした。むしろお客様の方が、いい写真を持っているのではと思います。。。

関連記事:

週刊アスキー800号記念週アスLIVE! やりすぎましたSP(スペシャル)

・「週刊アスキー800号記念 週アスLIVE! やりすぎましたSP」
   800号記念特大イベント「週アスLIVE!」開催 by ASCII.jp x 自作PC さん

   http://ascii.jp/elem/000/000/553/553808/

・「Kingston、“週アスLive!やりすぎましたSP”に出展しました!!」 DOS/Vラボさん。

   http://www.dos-v.biz/contents/pressrelease/35-2009-12-10-08-27-36/1832-kingstonlivesp.html

 

 報告が遅れましたが、マシンの製作の情報整理や、RAIDカード追加状態でのテスト等で、

なかなか、ここまでに至りませんでした。

 まだ、ベースマシンで、CPUはXeon E5504、その冷却系は半完成。GPUは、とりあえず5970を

1機SSDも、とりあえず、Crucial REAL SSD C300 64GB 4機 と、フルスペックではないです。

ただし、RAIDカードは頑張って、areca ARC-1880ix-24+4GB RAMの仕様です。

(9/11現在ですと、正規代理店品で4枚、個人輸入の方が5名程度いる情報がありましたから、

10枚程度しか国内に入ってきてないのではないかと思われます。)

理由は、6GbpsのSSDで高速な物、RADEON HD6000シリーズ、Xeon X5690は冬以降で、

ここにお金をつぎ込むのは私の財力では無理だからです。完成されられるだろうか。。。

Weekly_ASCII_Live_1.JPG

この日は、もう一台、Xeon X5680 x2、GeForce GTX480 x4のSR-2マシンとの共演でした。

 

★今回のテーマは、「やりすぎました。」(週アス・ライブ800号記念のテーマ)

ケースにちゃんと収めて、SR-2らしいOC全開が可能な本物のSR-2マシンの制作がテーマです。

ケース入り全開可能なSR-2マシンの製作は、

 ・HPTXプラットフォーム

 ・電源を2機搭載

 ・X5680以上を4.6GHz以上でOC全開運用、2GPUカードを2枚搭載し全開運用を目標とすると、

  冷却は高性能な水冷以上しかありえない。

といったことが大幅に敷居を高くしている要因と言えます。このため、

 ・定格運用のケース入りSR-2マシン。(Supermicroや、Tyanで組んだ方がいいと思います。)

 ・無理やりケースに入れて、気休め程度の冷却しか実現できないマシン。

 ・電源が1個しか積めないマシン。

というマシンは簡単に作れても、問題をクリアすることは、かなり、DIYするしか答えがありません。

続きを読む "週アス・ライブ展示 Z's WS Extreme Gen. 2 Rev. 0.1 EVGA Classified SR-2"

このアーカイブで使われているタグ

2010年9月23日

SR-2マシン製作 RAIDシステム

Last update : 2010 / 10 /17
HighPoint RocketRAID2760情報追加
 

EVGA Classified SR-2マシンを製作するに当たり、ストレージシステムをどうするかは、

課題です。私の結論は、areca ARC-1880ix-24 4GB+BBUによるRAIDシステムとしました。

arc-1880ix-24_1.JPG

私の考えは、LSI MegaRAID SAS 9260-8iは、速いのは認めるが、ロー〜ミドルレンジの半端な

RAIDカードに大金を出せない。次期arecaに期待すると書きましたが、これの実行です。

続きを読む "SR-2マシン製作 RAIDシステム"

2010年9月20日

SR-2マシン製作 SR-2の特徴

EVGA Classified SR-2の情報について、調べたことをまとめたいと思います。

完全には、調べ切れてないですから、全部正確にとは行きませんが、

マシンを製作するに際して、参考になると思います。

EVGA_SR-2.jpg

 

続きを読む "SR-2マシン製作 SR-2の特徴"

SR-2マシン製作 水冷装置

SR-2マシンの水冷システムですが、大きなケースを選択しましたので、

極力ケース内にラジエタを入れたり、ケースに取り付けたりして、ワンパッケージを目指します。

しかし、冷却性能は、頂上を目指します。

条件ですが、このマシンの目的は、一発のベンチスコアではなく常時全開マシンですから、常温水冷です。

仕様

・CPU :Koolance CPU-360+LAING D5+Blackice GTX480を各CPU用に合計2系統

・M/B:Koolance MB-EVCSR2+LAING DDC + Blackice SR1 120

・GPU:どこかの水枕 + LAING D5 + XSPC RX360 2GPUボード一つに1系統合計2系統

の合計5系統をで組みます。高クロックのOC状態で、高発熱状態の部品を同じ条件で

冷やしたいからです。CPU 0 とCPU 1で、複数GPUボードでそれぞれ、冷却特性が異なると、

疑いだすとOCの詰めがやりにくいからです。直すのが面倒ですし疑いたくないですよね。

なので、M/Bの冷却は、小さい専用1系統を用意しました。

 Cooling_System2.jpg

続きを読む "SR-2マシン製作 水冷装置"

2010年9月19日

SR-2マシン製作 CPU水冷化

EVGA Classified SR-2にKoolanceのM/B冷却ブロックを取り付けました。

そうしたら、CPUの冷却まで、見直しの必要が出てきました。理由は、

CPUブロックの取り付け部と、取り付けたM/Bブロックが干渉してしまったため、

KoolanceのCPUブロックを選択せざるを得なかったからです。他にも付くブロックは

あるかもしれませんが、既にKoolance CPU-360を1個持っていたので、追加費用は、

他メーカのを選ぶより少なく、付くか付かないかの冒険もする必要が無かったからです。

SR-2_Water_cooling_Setup.JPG

続きを読む "SR-2マシン製作 CPU水冷化"

SR-2マシン製作 M/B水冷化

EVGA Classified SR-2を水冷化しました。

私は、Koolanceのブロックを取り付けました。EKのブロックに比べて、

マニュアルが貧弱なのでM/Bブロック取り付けの参考になればと思います。

MB-EVCSR2_4.jpg

上の写真はKoolanceブロックです。特徴は、全部一体になっています。

やわなM/Bの補強にもなりそうな感じです。

EK-Block.jpg

上の図はEKのブロックです。こちらは分離型です。特徴は、Koolanceより安いことが一番です。

両者には一長一短があります。Koolanceのフルブロックは魅力的ですが、

CPUの水枕の選択肢が限られますので、CPUの水枕の選択肢がより広そうなEKも、

魅力的です。どちらが良いかは自作のスタイルによると思います。

CPUの水枕の選択については、次回に書くことにします。

続きを読む "SR-2マシン製作 M/B水冷化"

2010年9月17日

SR-2マシンギャラリー

SR-2が入るケースは、数が少ないですが、

国内で購入できるものが出たようです。

第1段は、Lian-LiのPC-V2120というケースです。

対して、こちらは、私のマシンです。ベースは、Mountain Mods Extended Ascension CYO

Z'WS_Extreme_Gen2_Rev0.1.JPG

 

続きを読む "SR-2マシンギャラリー"

SR-2マシン製作 Extended Ascension 補強

SR-2製作のために入手した「Mountain Mods Extended Ascension CYO」は、

そのままでは、剛性不足です。フル水冷化した内蔵物を入れて、展示会等に持っていったら、

ケースも内蔵物も壊れるでしょう。そこで、安心して使えるケースに改修することにします。

 Extended_Ascension_CYO+Lubic_Frame.JPG

こちらが、補強のためのLubicフレームの全体です。水冷用ポンプを5系統

搭載できるようになっています。重い電源を搭載しても、リアパネルに負担を

かけないように柱を作ってますし、M/Bプレートをフレームと固定して、

ガタはありません。

続きを読む "SR-2マシン製作 Extended Ascension 補強"

SR-2マシン製作 ケース編

Ext.Ascension_CYO_2.JPG

EVGA Classified SR-2入れるためのケースを製作しました。

ベースは、

Mountain Mods Extended Ascension CYO

です。これに Lubicでフレームを組みました。

LubicフレームによるDIYは次回の記事にして、今回は、届いたそのまま状態についての

レポートにします。

Ext.Ascension_CYO_1.JPG

こちらが全体の外観です。大きさは、フルタワーケースを2〜3段重ね位の大きさで、

680mm(H)x630mm(D)x470mm(W)程度です。(ネジの突起部含む。)

360サイズのラジエタが横置きで入って、天井に480サイズのラジエタを置ける

巨大ケースです。

続きを読む "SR-2マシン製作 ケース編"