2011年8月31日

Windows 7杯2011真夏の省電力Spl.を終えて

今回のエントリは時間との戦いでした。思った通りにケースに詰め込むのに苦労して、

最初に買ったAC電源は相性が出て動かず、PICOは2個目でした。さらに、情報集め不足で、

HomeServer2011を買ってから160GB縛りを知って、インストール環境を作るのに時間がかかり、

さらに6GbpsSATAポートと6GbpsSSDで上手く動かず、まともにベンチアタックできるまでに、

大きなタイムロスでした。

そんな中で、HomeServer2011部門で評価されたことは大変嬉しく思っています。

前回の究極部門へエントリしたSR-2マシンとは真逆のマシンを作ってエントリでした。

サーバーの世界は、運用面では人それぞれ欲しいものが違いますから、運用方法より、

色々なシチュエーションへの展開を考えられるマシンの紹介の意味合いが大きいマシンです。

更に冷却面を強化して、パフォーマンスを引き出すもよし。

HDDを取り払って、CPUパワーを絞って更に静音消費電力へ特化するのもよし。

Sandyのモバイルプラットフォームは、色んな方向性を秘めていると思います。

パフォーマンスを求めている私も、オーバークロックというチューニングと同様に

定格状態でのパフォーマンスを引き出したり、消費電力、静音といったトライも楽しいと思っています。

サーバー運用、省消費電力、静音、極悪環境での運用を縛りにして定格運用をベースとした

PC作りもやることは色々あります。「ベンチマークスコアが良いPC=最強PC」みたいな風潮を一掃する

ような今回のイベントは面白かったです。

とはいえ、自分にとっては、パフォーマンスへのこだわりは、PC作りの中で最も魅力的なので、

次のパフォーマンス系のトライを考えてしまいます。ソケット2011が出るまではこちらはネタ無しですが。。。

次世代のDP Xeon OCプラットフォームが出ないか楽しみです。その前に定格DP Xeonか、UP i7でOCか

年末の次世代プラットフォームの登場を皆で楽しみにしましょう。AMDに行くか????

今の状況では、パフォーマンス系の私はintelの方が楽しいかな〜。

このアーカイブで使われているタグ