2014年4月20日

2014 G.W. Xtreme OverClock BreakThrough ...

Updete 2014/4/29:私の展示マシンの内部を 掲載

2014_Xtreme OverClock BreakThrough 5th.jpg

2014 Z's WS Extreme Gen3 Rev 3 TwinTower :
SPEC:Xeon E5 2687Wx2,7990x2,RAID
  CPU(3.54GHz OC):429GIPS(Drystone),285GFLOPS(Whetstone)(Sandra 2014)
  GPU(1.1GHz OC):単精度18TFLOPS、倍精度:4.4TFLOPS(理論値)

Z'sWS_Extreme_G3_R3_1.JPG

毎年恒例になってますが、今年も、G.W.に、自作PCのイベント:

「2014 G.W. Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stage」

を、大須グッドウィルEDM本店で開催します。

https://sites.google.com/a/shachi-hoko.jp.net/team-shachi-hoko/home

イベントについての詳細は、公式ページをご参照ください。

 

今年のテーマは、「規格外マシン大集結」です。

私のマシンも、展示予定です。週刊アスキー2012/11/27号 デジギア特集記事に

掲載されたマシンです。

もともと、複雑で、色々なものが付いているマシンなので、どこが変わったのかは

わかりにくいかもしれませんが、水冷部の8割は見直してます。

(バナーは、改修前のものです。)

GPUは、水冷のGTX 580x2から、水冷の7990x2に変わってます。

 

  今年の私の公演は、

 「超ハイエンドモンスターPCによるオーバークロックvsマルチコア比較デモ」

を予定しています。

 タイトルのままのデモですと、一瞬で終わってしまいますし、「そりゃそうだろう。」

というだけになってしまいますので、最近の技術動向と実用面でのOCを交えた

お話をしたいと思っています。最近の私の巨大マシンのようなXeonマシンや

Windows Serverの世界だと、仮想マシンが流行ですが、

何気にOCマシン+Windows 8.1 Hyper-Vは、メイン+セカンドマシンに使えそうですので、

機能や、パフォーマンスをお見せしたいと思います。

 仮想マシン機能としての、WindowsServer  2012、Windows 8.1 Pro、Enterpriseの違いや

最近の仮想マシンは、なんと、UEFIマシン等、IT系のネットの記事では説明されていますが、

メーカの仕様に従った説明が多く、実際使うとして、なんか、よくわからないという状況に

思います。使い手側としてのお話ができる材料は揃えていますので、是非お話ししましょう。

 ということで、シングル「OCマシン」で「メインマシン+仮想セカンドマシン」を運用して、

「計算」には「マルチCPUマシン」という使い分けのデモが出きればと思います。

 流行りの、NUCマシンでセカンドマシンを作るというのも手ですが、ガッツリハイエンドのOC

マシンを作って、この中にセカンドマシンを作ってしまおうというのも、楽しい自作の一つの

考え方かもしれません。皆さんと、こういった今後の自作の世界談義ができればと思います。

このアーカイブで使われているタグ