2014年5月13日

Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stage...

Member2014.JPG

 愛知県、名古屋、大須のGoodwillさんで、5 / 4, 5 Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stage

を無事実施できました。

会場に来て頂いた方々、ネットを見ていただいた方々、

その他、ご協力いただいた方々のおかげです。

改めて、皆様に御礼申し上げます。

今年は、Fusion-OCさんとのコラボでイベントを行いまして、大変有意義でした。

自作PC&OCへの思いは、国境を越えます。 

Big_Machines.JPG

関東圏に長く住んでいて、都内の様々なイベントに出かけてますが、

こういった自作イベントで、Mountain Modsをはじめ、これだけの

巨大マシンが集まったものは無いです。

手前から、Akira君の自作の巨大ケースのマシン(Core i7 3960X, R9 290 x3)

Uezono君のAscension CYO

Assai君のVegas Nightmare Ascension CYO(Core i7 3970X, R9 290X x3 )

私のマシンZ's WS Extreme G3 Extended Ascension CYO(Xeon E5-2687Wx2, 7990x2, RAID)

正直なところ、イベントやってる自分自身、こういう形で集まれたのが凄く嬉しかったです。

Xeon_demo.JPG

今回は、演算用の巨大マシンと、メインマシンに使っている水冷マシンを持ち込みました。

デモでは、CINEとかのXeonマルチコアマシン故のパワーをベンチアタックしても、

自分としては、面白くもない当たり前なので、実用ベースのOCメインマシンの

優位性を見せたかったのですが。。。

いざ、本番で、やったら、仮想マシンへのリモートデスクトップの接続までに時間がかかるは、

水冷OCマシンで、裏プロセスが稼働したせいか、パフォーマンスが出ない。。。。

メインマシンとして使っている水冷OCマシン環境をOSもそのまま持ち込んで、実用そのままと

行きたかったのですが、普段よりもっさりして、冷や汗ものでした。

このためだけに、ネット環境も、自宅と大体同じ環境を作ったのに、しょんぼりでした。

自宅では、ドメインコントローラとしてWindows Serververが居ますので、これをローカルマシンの

データで省略したので、探したり認証したりで、「ちょっとまった〜」のタイムラグが出た感じです。

パフォーマンス比較には、やはり、専用環境で解りやすくが鉄則ではありますが、あえて、

普段使ってる環境でのパフォーマンスにこだわったけど、なかなか、これを一発で見せるのは、

非常に難しいと勉強になりました。

WaterCooling_Demo.JPG

パソコンの水冷化も恒例となり、今回も、若いメンバによるデモを実施しました。

これから、こういったマシンを作るという若い方のデモは意味があります。

おっさんは、若者へバトンタッチせねば。。。

今年は、冷却性能が命の仕様というより、コストパフォーマンスが良い部品構成で、

比較的シンプルなシステムの製作をしました。

SHACHIのデモでは、ポンプがLAING D5、ラジはBLACKIOCE GTX480が多かったですが、

今回は、ポンプにJINGWAY、ラジは、BLACKICE Nemesis GTX480と初体験のパーツです。

裏では、ラジエタの固定金具は、EKのブラケットとローレットナットの組み合わせで、

安価で、取り付けが楽な実現ができました。8基のファンに対する配線は、私のXeonマシンの

ラジエタファンの一機分の配線を流用しました。(シンプルで大電流にも耐えます。)

時は流れ、ホントの爆熱、大消費電力部品から、幾分発熱も少なく小消費電力の部品に

移ってますので、水冷パーツも、私が使ってる部品より、今どきのCPU等に合う部品が出てきた

という感じです。

 

私のマシンは、Windows 8.1、Windowes Server2012R2でトライしましたが、

上手くいってないことをメモします。

続きを読む "Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stageを終えて。"

このアーカイブで使われているタグ

2013年10月28日

Windows Server 2012

この記事では、Windows Server2012環境の構築のログを残します。

従来のサーバがWindowsServer2003R2でしたが、ドメインサービスを

ほぼ無停止でWindows Server2012環境に移行できました。

(旧サーバと新サーバのIP入れ替え作業時の間だけ停止。)

完全な完成まではもう少しかかりますが、基本的なサービス等は、

運用状態になりました。

 今となっては、Windows Server2012R2への移行を考えないと、

仮想マシン環境の差が大きすぎます。私にとっての欠点が、

ほぼ解決されている感じです。

 この記事について、体裁を整えたり、内容の追加をしばらく行います。

 dc02SS.jpg

 

◆NetworkSystem

DC_and_HyperV.jpg

RDP_System.jpg

続きを読む "Windows Server 2012"

2013年9月30日

DC02(domain controller)

 ◆New domain controller Server 2013

WWWサーバー入れ替え、その後、Hyper V仮想マシンサーバの導入を

行ってきましたが、最後のDomain Controllerの更新を行っています。

 Windows server2003R2ベースのネットワークも、もう、10年前の

技術で、そろそろ、時代遅れです。サーバーのハードも、当時は

Pentium Mでなんとかなっていましが、最新のWindows server2012

では力不足になりますので入れ替えです。

 ちなみに、Windows Server 2003 R2はメインストリームサポートは

既に切れていて、2010/7/3まででした。延長サポート終了日も

2015/7/14となってます。

 今回は、最新の低消費電力版Haswellで組むことにしました。

 DC02_Internal.JPG

メカ、電源系は、WWW Serverと考え方は同じです。この記事では、

ハードウェアとネットワークシステムについて書いてみることにします。

記事は少しづつアップデートしていきます。

続きを読む "DC02(domain controller)"

2013年1月24日

Private Cloud Server PCS01製作

2013/9/30 Update
メモリ、System SSDをFix。

 久しぶりの更新になりました。
この間、遊んでいたのではなく、新しいエンタープライズ向け技術をHome Networkへ
持ってこようと、あれこれ勉強しながらマシンの製作と評価を行っていました。
まだまだ、これからです。

LGA 1155の廉価システムにもかかわらず、Core i7 3970EE + GeForce GTX680のような
システムを2台は組めるようなものとなりそうです。とてもではありませんが、
一気に全部揃えられるものではありません。現段階でも、かなり頑張りました。

 

製作過程を少しづつUpできればと考えています。

PCS01_0.JPG

マシンの外観は、かなり気に入っています。出来上がると、そのシステムは中規模企業の
ネット環境を飼えるレベルになります。これを自宅のサーバにしようというものです。

現在は、フルHDのデータを扱いたくなる時代になって、むしろ自宅の方が大規模データを保有
しているというパターンがあると思います。また、何台も目的別のPCが散乱しているていう
困った状況がないでしょうか?これを何とかしていくための、自作マシンを模索しています。

やはり、ハイパフォーマンス、自作をモットーに日々精進している私としては、
QNAPとかの市販品とは、パフォーマンス、機能がクラス違いのものを実現したいところです。

続きを読む "Private Cloud Server PCS01製作"

2012年10月29日

2.5"x2のリムーバブルベイその2

今回は、少し自爆ネタになります。

HDD-ROM_SSD_2.JPG

2.5" x 2のガチャポンラックとしては、ANEX ME-240がお気に入りでしたが、

ディスコンになって手に入らない状況です。この製品は3Gbps仕様の製品ですが、

6Gbps動作が確認できた唯一の2階建モバイルラックです。

写真は、ME-240ではありません。秋葉原のお店で、転がっていたものです。

製品名もSATA II HDD ROM MOBILE RACKとなっており、型番は無し、

メーカー不明です。そっくりです。これは、使えそうと思ったのですが。。。

HDD-ROM_SSD_1.JPG

製品名の意味が良く解りました。名前の通り、SSDが使えません。

ということで、改造です。これも、自作ならではの楽しみですね。

続きを読む "2.5"x2のリムーバブルベイその2"