2013年1月24日

Private Cloud Server PCS01製作

2013/9/30 Update
メモリ、System SSDをFix。

 久しぶりの更新になりました。
この間、遊んでいたのではなく、新しいエンタープライズ向け技術をHome Networkへ
持ってこようと、あれこれ勉強しながらマシンの製作と評価を行っていました。
まだまだ、これからです。

LGA 1155の廉価システムにもかかわらず、Core i7 3970EE + GeForce GTX680のような
システムを2台は組めるようなものとなりそうです。とてもではありませんが、
一気に全部揃えられるものではありません。現段階でも、かなり頑張りました。

 

製作過程を少しづつUpできればと考えています。

PCS01_0.JPG

マシンの外観は、かなり気に入っています。出来上がると、そのシステムは中規模企業の
ネット環境を飼えるレベルになります。これを自宅のサーバにしようというものです。

現在は、フルHDのデータを扱いたくなる時代になって、むしろ自宅の方が大規模データを保有
しているというパターンがあると思います。また、何台も目的別のPCが散乱しているていう
困った状況がないでしょうか?これを何とかしていくための、自作マシンを模索しています。

やはり、ハイパフォーマンス、自作をモットーに日々精進している私としては、
QNAPとかの市販品とは、パフォーマンス、機能がクラス違いのものを実現したいところです。

続きを読む "Private Cloud Server PCS01製作"

このアーカイブで使われているタグ

2012年10月 9日

New WWW Server 2012

◆New WWW Server 2012

当サイトへお越しいただいている皆様。

大変申し訳ありませんでした。従来サーバ機は、HDDの論理的破損によりシステムが壊れました。

データは吸い上げられましたが、どうせ再構築するならと、新サーバを作りまして再開しました。

9月の中旬でしたが、雷のせいか瞬間停電した時に何か不具合を作ってしまったか、太陽風のせいか、

私の周りでもPCが何台か壊れていて、オカルトの世界でした。BOINCを始めてから、1kW〜2kWの

供給をPCが要求するためUPSの運用を止めていたのも災いしたかもしれません。残念ながら、

アパートではこんな大容量のUPSに電気を供給できません。。。

更に、再構築対象のWindows Server マシンの完成後にサーバ、ネット機器用に小型のUPSの

導入も考えようと思っています。

ま、壊れでもしなければ、新しいサーバを構築する気にもなれませんので、良いことにしましょう。

 Ivybridge_WWW_Server_0.JPG

 大きさは、昨年のWindows 7杯にエントリしたマシンより、短く、少し幅がある感じです。

詳しくは後述するとして、IvybridgeのCentOS 6.3マシンです。速くて、省消費電力を実現できました。

しばらく、システムの調整やテスト等で、短時間で済むと思いますがサイトが止まっていることが

あるかもしれませんが御勘弁下さい。また、本投稿は完成まで少しメンテします。

続きを読む "New WWW Server 2012"

2012年8月23日

CORSAIR 550DによるPC

R3E_990X_550d_1.jpg

◆家族向けPC

 CORSAIR ALLIANCEに参加した際に、CORSAIRさんから、新製品のケース550Dを

頂きました。再度、御礼申し上げます。

 さて、私が使っているマシンには使い道が無かったこのケースの有効利用として、

父親と母親用のPCを作ることにしました。もともと、DELLのCeleronノートを

Pentium 4M化、メモリ増強、HDD増強と、生きながらえてきましたが、

限界に達したため、更新としました。何も入っていなければ、まだまだ、軽いのですが、

セキュリティーソフト、アプリを色々入れたり、大きなデジカメ画像を扱うには、

無理があります。計算機のことを良く知っている人間なら、上手く付き合えますが、

素人には無理です。

 いっそのこと、凄いマシンにしてしまえば、気を使わずに使えるだろうと、引退した

ハイエンドパーツを集めて作りました。パフォーマンス競争に使わなければ、まだまだ、

コンシューマー向けパーツのマシンとしては、ウルトラハイエンドの部類です。

これなら、父親が好きなデジカメの画像程度の処理なら、サクサクです。

 っていうか、自分のメインマシンOC Xeon X5470x2水冷より、

速くて、静かで、小さくて、電気も食わない。。。

 

◆マシンの構成パーツ

マシン名:無し(親のPC)

CPUCPU Core  i7 990X
S/N(ロット) #3045A596
M/BASUS Rampage III Extreme
MEMORYA・DATA  XPG Plus v2.0 DDR3 1866+
 DDR3-1866 2GBx3 計6GB
HDDHGSTの7200rpm 1TB
光学ドライブLGのDVDドライブ
ビデオカードASUS MATRIX GTX580 P/2DIS/1536MD5 [PCIExp 1.5GB]
ケースCORSAIR 550D
電源ENERMAX REVOLUTION 85+ 1050W
サウンドオンボード Realtek ALC889
冷却系 
CPUクーラーANTEC KUHLER-H2O-920
メモリファン付属の背面ファンを移設して使用

 

◆使用OS

Windows 7 Pro DSP(64bit版)

続きを読む "CORSAIR 550DによるPC"

2012年3月18日

CORSAIR Alliance

CORSAIRALLIANCE.jpg

リンクスインターナショナルによるクローズドイベント

「CORSAIR Alliance」に参加しました。

corsair_alliance_Program.JPG

プログラムは、写真のとおりです。

CORSAIRのPRでは、新商品紹介として、PCのケース「550D」が紹介され、

国内販売未定ですがCORSAIR LINKの紹介等がなされました。

後半は、duckさんと一緒にLN2冷却による3D Mark11を参加者で体験しました。

夜は、duckさん、リンクスさんのスタッフと参加者で懇親会となりました。

続きを読む "CORSAIR Alliance"

2011年1月19日

Windows 7 & IE9杯 自作PCの祭典 2010 エ?...

Z's_WS_Extreme_logo.jpg

Z's_WS_Extreme Gen2_SR-2_Twin_Tower.JPG

 

◆エントリー部門

【究極パフォーマンス部門】にエントリーします。

 定格部門、究極部門でエントリして、2年連続惨敗でしたが、今年も究極部門にエントリします。
今年は、新作の究極PCを制作したのでリベンジです。

 このマシンのコンセプトは、Windows 7 が動いて、電源を入れるだけでフルパワー24時間稼働
可能なマシンで、何でもこなしますが、計算能力が売りのグリッドコンピューティング用マシンです。
(ベンチ用マシンではなく、実用マシンです。)

 実現に当たり、Core i7 980XのチューニングをTeam SHACHIHOKOで、ずいぶん勉強しました。
980Xのチューニングは確かに設定に幅があり、腕の見せどころが沢山あり、大変楽しいです。
しかし、きちんとチューニングした980Xでも、演算性能が問われる科学技術計算の世界では、
定格のXeon X5680に劣ります。

 Xeon 5500〜5600プラットフォームは、昨年までOC環境が無く、組んで終了の状況で、
制作するつもりはなかったですが、EVGA SR-2が出てきましたので、挑戦することにしました。
 目標は、X5680定格とクラス違いのチューンド980Xを2個分の性能の実現ですが、
選別の基準も違えば、QPIを2CH動かすことになるためか、980Xよりシステム周りのクロックや
コアのトップエンドが伸びてくれません。
 熱も980Xよりは出ませんが、4000MHzオーバーで安定に動かすチューニングを行うと、
2個のCPUですから半端ではありません。980Xのチューニングでは、通用しない部分が
どうしても出てしまいました。

 これらの背景から、EVGA Classfied Super Record 2をSR-2らしいチューニングで、
全開運用できるようにマシンの制作を行いました。
全ては、4.2GHzオーバーのX5680+マルチGPUを24時間全開稼働させるために。
と言いながら、資金的には苦しく、CPUは、また、中古品です。(新品を買ったこと無い。。。)

 

◆エントリーマシンの構成パーツ

マシン名:Z's WS Extreme Generation 2 Rev2.0 Twin Tower

CPU0/1Xeon(Westmere-EP) X5680 B1 TDP130W@3.33GHz(133MHz×25)
S/N(ロット) #3005F780
M/BEVGA Classified SR-2 270-WS-W555-KR
MEMORYSanMax SMD-6G88NP-16F(HYPER)-T x2  計12GB
 2GB DDR3 1600  7-7-7
S/N(ロット)4647357Z7289  6枚
HDDSystem SSD : 240GB RAID 0
RAIDSystemRAID on Chip :PwerPC , Expander : LSI Logic LSISAS2X36
システムRAID 0 SSDCrucial REAL SSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 x4
データ RAID 6 HDD   ―
メンテ用HGST HDS721050CLA362(SATA 3Gbps 7200rpm 500GB HDD)
バックプレーンDIRAC DIR-1040SS  2.5"x4用  (現在x1、最大x4)
 Logitec LHR-IS01BK 3.5"x1用
光学ドライブLG HL-DT-ST DVDRAM GH22NS50
ビデオカードNVIDIA GeForce GTX580 2枚
VGA 1ELSA GLADIAC GTX580 1.5GB
VGA 2LEADTEK WinFast GTX580 1536MB GDDR5
ケースMountain Mods Extended Ascension CYO 改 with Lubic
電源1200W+1050W
メインCORSAIR CMPSU-1200AXJP
補助ENERMAX REVOLUTION 85+ 1050W
サウンドオンボード Realtek ALC889
  
 冷却系 
●CPU1系統当たりの構成。合計2系統
 水枕Koolance CPU-360 V1.2
ポンプLAING D5 x 2
ラジエタ Hardware Labs Performance Systems  BLACK ICE GTX480
ラジエタファンXINRUILIAN RDH1225NMB24 x4 x2
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
流量計Koolance INS-FM17N+ADT-FM03
クーラントJINGWAY ICELAND COOLANT UV Blue
●GPU1系統当たりの構成。合計2系統
水枕Koolance VID-NX580
ポンプLAING D5
ラジエタXSPC RX360
ラジエタファンCOOLER MASTER R4-L2R-20CR-GP Red x3
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
クーラントKoolance LIQ-702RD-B Red
●M/B 
水枕Koolance MB-EVCSR2
ポンプLAING DDC
ラジエタHardware Labs Performance Systems BLACK ICE SR-1 120
ラジエタファンCOOLER MASTER  R4-L2R-20AC-GP Blue x2
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
クーラントJINGWAY ICELAND COOLANT UV Blue
●SystemFan 
SystemScythe SFF21F 120mm x 25mm  x1
RAIDカスタム オリジナル品 120mm x 25mm  x1
VGAカスタム オリジナル品 120mm x 25mm  x1
吸気COOLER MASTER R4-L2R-20CG-GP Green x3
MemoryOCZ XTC Cooler Rev 2   x2
 ●FanControler 
 Scythe KAZE STATION KST01-BK-3.5 M/B用ラジエタ用
 Scythe KAZE MASTER PRO KM03-BK  VGA用ラジエタ2機用
 LAMPTRON FAN-ATIC CPUラジ2機、吸気、CPUポンプ2機目用
  
モニターDELL 2407WFP-HC(1920x1200)

 

◆使用OS

Windows 7 Ultimate DSP(64bit版)

Windows 7は、メインマシンにUltimate、サブ機にはProを使ってますが、
このマシンは、Ultimateを使用しました。
 

続きを読む "Windows 7 & IE9杯 自作PCの祭典 2010 エントリー(Z'sWS ExtremeGen.2 TwinTower)"