2013年1月24日

Private Cloud Server PCS01製作

2013/9/30 Update
メモリ、System SSDをFix。

 久しぶりの更新になりました。
この間、遊んでいたのではなく、新しいエンタープライズ向け技術をHome Networkへ
持ってこようと、あれこれ勉強しながらマシンの製作と評価を行っていました。
まだまだ、これからです。

LGA 1155の廉価システムにもかかわらず、Core i7 3970EE + GeForce GTX680のような
システムを2台は組めるようなものとなりそうです。とてもではありませんが、
一気に全部揃えられるものではありません。現段階でも、かなり頑張りました。

 

製作過程を少しづつUpできればと考えています。

PCS01_0.JPG

マシンの外観は、かなり気に入っています。出来上がると、そのシステムは中規模企業の
ネット環境を飼えるレベルになります。これを自宅のサーバにしようというものです。

現在は、フルHDのデータを扱いたくなる時代になって、むしろ自宅の方が大規模データを保有
しているというパターンがあると思います。また、何台も目的別のPCが散乱しているていう
困った状況がないでしょうか?これを何とかしていくための、自作マシンを模索しています。

やはり、ハイパフォーマンス、自作をモットーに日々精進している私としては、
QNAPとかの市販品とは、パフォーマンス、機能がクラス違いのものを実現したいところです。

続きを読む "Private Cloud Server PCS01製作"

このアーカイブで使われているタグ

2012年10月 9日

New WWW Server 2012

◆New WWW Server 2012

当サイトへお越しいただいている皆様。

大変申し訳ありませんでした。従来サーバ機は、HDDの論理的破損によりシステムが壊れました。

データは吸い上げられましたが、どうせ再構築するならと、新サーバを作りまして再開しました。

9月の中旬でしたが、雷のせいか瞬間停電した時に何か不具合を作ってしまったか、太陽風のせいか、

私の周りでもPCが何台か壊れていて、オカルトの世界でした。BOINCを始めてから、1kW〜2kWの

供給をPCが要求するためUPSの運用を止めていたのも災いしたかもしれません。残念ながら、

アパートではこんな大容量のUPSに電気を供給できません。。。

更に、再構築対象のWindows Server マシンの完成後にサーバ、ネット機器用に小型のUPSの

導入も考えようと思っています。

ま、壊れでもしなければ、新しいサーバを構築する気にもなれませんので、良いことにしましょう。

 Ivybridge_WWW_Server_0.JPG

 大きさは、昨年のWindows 7杯にエントリしたマシンより、短く、少し幅がある感じです。

詳しくは後述するとして、IvybridgeのCentOS 6.3マシンです。速くて、省消費電力を実現できました。

しばらく、システムの調整やテスト等で、短時間で済むと思いますがサイトが止まっていることが

あるかもしれませんが御勘弁下さい。また、本投稿は完成まで少しメンテします。

続きを読む "New WWW Server 2012"

2011年7月14日

Windows 7杯 自作PCの祭典 2011真夏の省電...

◆エントリーのページ

http://www.dosv.jp/contest/7eco/entry/detail.php?id=915

 

◆エントリー部門

【Windows Home Server 2011部門】にエントリーします。

このサイトのサーバはPentium M1.7GHzで、24時間稼働で、5年動かしているマシンで、
そろろそ入れ替えを考えて、Sandybridge Mobileマシンを購入しました。
帰宅して、このイベントをネットで知りまして、HomeServer部門でエントリすることにしました。
実運用はCentOSで、HTTP、MySQL、PHP、Perl、javaといったWebサイトなのですが、
これで、Windows Serverを動かしたらどうなるか、やってみました。
結果は、近未来のHome Serverのスタンダードになりえるプラットフォームです。
パワーが欲しいときはガツッと回りパフォーマンス部門クラスで、アイドル時は、
究極省消費電力部門でも通用する低消費電力です。個人向けサーバには
良いと思います。現在でも、映像配信、ちょっとした、データ変換にも耐えられますし、
AVXや、ある程度のパワーのGPUを搭載しているCPUは、サーバS/Wが対応すれば、
省消費電力でかなりのことが個人の環境で実現できることでしょう。

MS01.JPG
 

◆エントリーマシンの構成パーツ

マシン名:MS01(Mdedia Server 01)

CPU0/1CPU Core i5 2540M TDP35W@2.6GHz(100MHz×26)
S/N(ロット) #35044694A1143
M/BiBASE MI956F QM67プラットフォーム
MEMORYSAMSUNG DDR3-1066 4GB x2
 DDR3-1066 4GBx2 計8GB
SSDSystem SSD : 120GB
 Intel SSD 510 120GB (SSDSC2MH120A2K5)
バックプレーンCENTURY CERS25-BK (2.5"x2)
DATA HDD(RAID 5)HGST HTS547575A9E384 750GB x4
バックプレーンCENTURY CRIB25EU2 改(2.5"x4 RAID 0,1,3,5)
光学ドライブPioneer DVR -TD09
ビデオカードCPU内蔵 Intel  HD Graphics 3000 (650/1300MHz)
ケースA-ITX-200P300V2改
電源Mini-box.com PWR-PICOPSU-90-XLP + 80W ACアダプタ
サウンドオンボード Realtek ALC892
冷却系 
CPUクーラーREGO RG1100改
 4cm⇒6cm変換版金。ワンオフ部品
 RiteUp RFA68 エアーインテーカー(6cm⇒8cm) 
CPUファン山陽 SF8-S4 (Φ80mmx25mm 2000rpm)
SystemファンXINRUILIAN RDL8025BL (Φ80mmx25mm1600rpm)
その他 
光学ディスクマウントSILVERSTONE SST-TS03改
SFXメクラ蓋OLIO SPEC オリジナル(2011/8/21)
eSATA増設コネクタFREEDOM PUG-21ES
モニターDELL 2407FP(1600x1200)

 

◆使用OS

Windows Home Server 2011 DSP(64bit)

やはり、実際にさわってみないと解りません。単にダッシュボードが動くHom Serverの
レベルで無いと思います。

続きを読む "Windows 7杯 自作PCの祭典 2011真夏の省電力スペシャル エントリー"

2009年1月16日

Server PC

Serverマシンの紹介です。

コンセプト
 ・寝られる程度に静音。
 ・消費電力はなるべく少なく。
 ・Server OSが動くくらいのパフォーマンス

仕様

ドメインコントローラ

CPUPentium M740@1.73GHz , FSB 533MHz, SB 133MHz
ベアボーンAOpen MZ855-II
メモリー512MB PC3200 CL3 ×2 = 1GByte
CPUクーラー付属品 ファン:AINEX CF-60SS 。純正は破損し、交換。
HDDHITACHI HTS541280H9SA00 2.5'/5400rpm/80GB/8MB
Backup HDDHITACHI HDS721680PLAH380 3.5'/7200rpm/80GB/16MB
SATAボード玄人思考 SATA2REI3-LPPCI
光学ドライブMatsushita KUJDA770 S/ BK
追加システムファンOwltech F6-SS
外付けHDDケース RATOC SA-DK1ES ×2
UPSAPC Smart UPS 1400
OSWindows Server 2003 R2 J 5CAL

インターネットサーバ

CPUPentium M740@1.73GHz , FSB 533MHz, SB 133MHz
ベアボーンAOpen MZ855-II
メモリー512MB PC2700 CL2.5 ×2 = 1GByte
CPUクーラー付属品 ファン:AINEX CF-60SS 。純正は破損し、交換。
HDDHITACHI HTS541280H9SA00 2.5'/5400rpm/80GB/8MB x2
RAID玄人思考 X2.5RAID-IN3.5
Backup HDDHITACHI HDS721680PLAH380 3.5'/7200rpm/80GB/16MB
SATAボード玄人思考 SATA2EI3-LPPCI
光学ドライブMatsushita KUJDA770 S/ BK
追加システムファンOwltech F6-SS
外付けHDDケース RATOC SA-DK1ES ×2
アルミケースRATOC SA-RC1A-LG
IDE SATA変換RATOC SA-35TRAIDE-LG
UPSAPC Smart UPS 1400
OSFedora 8

共通の本体内部です。

Server_1.jpg

SATAボード追加のため、エアーフローが悪化したため、60mmの
静音ファンを追加しています。メモリやICH等には、ヒートシンクを貼っています。
2年以上24時間連続稼動しています。
CPUファンは、1〜2年程度で爆音を発するようになって、2台とも交換しています。
 

Server_2.jpg

上から見るとこんな感じです。メモリは、あまり、発熱の心配は無いのですが、
ヒートシンクを付けています。Pentium Mは、電気を食わなくて、熱も出ないので良いです。
さすが、Core 2の原型だけあります。
 

 HDD_Case.jpg

RATOCの外付けケースのカスタマイズ。
RATOCのアルミ内臓ケースのファンを取り外して、
置き換えています。内蔵用ケースのバックプレーン基盤は、
ファン用の穴が空いているので、エアフローが改善されます。
サイドのファンは、電源が邪魔をするので、不要です。
ケースファンを回すだけで、なんとかなっています。
このところの猛暑の留守中のエアコン無しの時間帯を乗り切っています。
 

Image148.jpg

上段左が、フルスペックの16ポートのギガビットスイッチ。静音化のために
改造してあります。これも、2年以上24時間稼動してます。
 

BAFFALO LSW-GT-16NSR改

隣りが、インターネットサーバのHDD郡、その右は、セカンドマシンのHDDです。
下段はは、左から、ドメインコントローラのHDD郡と、隣りの上段が、インターネットサーバ、
下段がドメインコントローラ、その右がセカンドマシン、一番右がNASです。
  

2007年11月23日

名前解決の矛盾 Net Configuration Ver2.0

すっきりしないので、もう一度 Net環境を整理
(ドメイン名、IPはフィクション)

続きを読む "名前解決の矛盾 Net Configuration Ver2.0"