2011年1月19日

Windows 7 & IE9杯 自作PCの祭典 2010 エ?...

Z's_WS_Extreme_logo.jpg

Z's_WS_Extreme Gen2_SR-2_Twin_Tower.JPG

 

◆エントリー部門

【究極パフォーマンス部門】にエントリーします。

 定格部門、究極部門でエントリして、2年連続惨敗でしたが、今年も究極部門にエントリします。
今年は、新作の究極PCを制作したのでリベンジです。

 このマシンのコンセプトは、Windows 7 が動いて、電源を入れるだけでフルパワー24時間稼働
可能なマシンで、何でもこなしますが、計算能力が売りのグリッドコンピューティング用マシンです。
(ベンチ用マシンではなく、実用マシンです。)

 実現に当たり、Core i7 980XのチューニングをTeam SHACHIHOKOで、ずいぶん勉強しました。
980Xのチューニングは確かに設定に幅があり、腕の見せどころが沢山あり、大変楽しいです。
しかし、きちんとチューニングした980Xでも、演算性能が問われる科学技術計算の世界では、
定格のXeon X5680に劣ります。

 Xeon 5500〜5600プラットフォームは、昨年までOC環境が無く、組んで終了の状況で、
制作するつもりはなかったですが、EVGA SR-2が出てきましたので、挑戦することにしました。
 目標は、X5680定格とクラス違いのチューンド980Xを2個分の性能の実現ですが、
選別の基準も違えば、QPIを2CH動かすことになるためか、980Xよりシステム周りのクロックや
コアのトップエンドが伸びてくれません。
 熱も980Xよりは出ませんが、4000MHzオーバーで安定に動かすチューニングを行うと、
2個のCPUですから半端ではありません。980Xのチューニングでは、通用しない部分が
どうしても出てしまいました。

 これらの背景から、EVGA Classfied Super Record 2をSR-2らしいチューニングで、
全開運用できるようにマシンの制作を行いました。
全ては、4.2GHzオーバーのX5680+マルチGPUを24時間全開稼働させるために。
と言いながら、資金的には苦しく、CPUは、また、中古品です。(新品を買ったこと無い。。。)

 

◆エントリーマシンの構成パーツ

マシン名:Z's WS Extreme Generation 2 Rev2.0 Twin Tower

CPU0/1Xeon(Westmere-EP) X5680 B1 TDP130W@3.33GHz(133MHz×25)
S/N(ロット) #3005F780
M/BEVGA Classified SR-2 270-WS-W555-KR
MEMORYSanMax SMD-6G88NP-16F(HYPER)-T x2  計12GB
 2GB DDR3 1600  7-7-7
S/N(ロット)4647357Z7289  6枚
HDDSystem SSD : 240GB RAID 0
RAIDSystemRAID on Chip :PwerPC , Expander : LSI Logic LSISAS2X36
システムRAID 0 SSDCrucial REAL SSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1 x4
データ RAID 6 HDD   ―
メンテ用HGST HDS721050CLA362(SATA 3Gbps 7200rpm 500GB HDD)
バックプレーンDIRAC DIR-1040SS  2.5"x4用  (現在x1、最大x4)
 Logitec LHR-IS01BK 3.5"x1用
光学ドライブLG HL-DT-ST DVDRAM GH22NS50
ビデオカードNVIDIA GeForce GTX580 2枚
VGA 1ELSA GLADIAC GTX580 1.5GB
VGA 2LEADTEK WinFast GTX580 1536MB GDDR5
ケースMountain Mods Extended Ascension CYO 改 with Lubic
電源1200W+1050W
メインCORSAIR CMPSU-1200AXJP
補助ENERMAX REVOLUTION 85+ 1050W
サウンドオンボード Realtek ALC889
  
 冷却系 
●CPU1系統当たりの構成。合計2系統
 水枕Koolance CPU-360 V1.2
ポンプLAING D5 x 2
ラジエタ Hardware Labs Performance Systems  BLACK ICE GTX480
ラジエタファンXINRUILIAN RDH1225NMB24 x4 x2
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
流量計Koolance INS-FM17N+ADT-FM03
クーラントJINGWAY ICELAND COOLANT UV Blue
●GPU1系統当たりの構成。合計2系統
水枕Koolance VID-NX580
ポンプLAING D5
ラジエタXSPC RX360
ラジエタファンCOOLER MASTER R4-L2R-20CR-GP Red x3
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
クーラントKoolance LIQ-702RD-B Red
●M/B 
水枕Koolance MB-EVCSR2
ポンプLAING DDC
ラジエタHardware Labs Performance Systems BLACK ICE SR-1 120
ラジエタファンCOOLER MASTER  R4-L2R-20AC-GP Blue x2
水温計Phobya LCD Display w/In-Out G1/4 Temp Sensor
クーラントJINGWAY ICELAND COOLANT UV Blue
●SystemFan 
SystemScythe SFF21F 120mm x 25mm  x1
RAIDカスタム オリジナル品 120mm x 25mm  x1
VGAカスタム オリジナル品 120mm x 25mm  x1
吸気COOLER MASTER R4-L2R-20CG-GP Green x3
MemoryOCZ XTC Cooler Rev 2   x2
 ●FanControler 
 Scythe KAZE STATION KST01-BK-3.5 M/B用ラジエタ用
 Scythe KAZE MASTER PRO KM03-BK  VGA用ラジエタ2機用
 LAMPTRON FAN-ATIC CPUラジ2機、吸気、CPUポンプ2機目用
  
モニターDELL 2407WFP-HC(1920x1200)

 

◆使用OS

Windows 7 Ultimate DSP(64bit版)

Windows 7は、メインマシンにUltimate、サブ機にはProを使ってますが、
このマシンは、Ultimateを使用しました。
 

続きを読む "Windows 7 & IE9杯 自作PCの祭典 2010 エントリー(Z'sWS ExtremeGen.2 TwinTower)"

このアーカイブで使われているタグ

2010年1月13日

Windows 7杯 自作PCの祭典 2009 エントリー...

Z'sWS_Extreme_G1R2_Logo.jpgZ'sWS_Extreme_G1_Rev1.1_No.1.JPG 

◆エントリー部門

【究極パフォーマンス部門】にエントリーします。

 昨年は、定格部門でエントリして、惨敗でしたが、今年は究極部門にエントリします。
昨年から比べ、CPU、GPU、SSDの強化と水冷化を実施しています。また、利用目的も
はっきりしてきました。

 このマシンのコンセプトは、Windows 7 が動いて、電源を入れるだけでフルパワー24時間稼働
可能なマシンで、何でもこなしますが、計算能力が売りのグリッドコンピューティング用マシンです。
(ベンチマシンではなく、実用マシンです。)
 Windows 7が動くメーカー製WSでは実現されてない、大型GPU搭載WS系の本体に、
ストレージサーバのストレージシステムを高速チューニングで搭載。
メーカー製WSのMac Proやhp Z800 Workstation等と違った特徴を出すことです。
総体積は大きくなりましたが、水冷装置と別体なので配置次第では、ミドルタワーWS位の感じです。

 LN2冷却マシンがF1と例えれば、このマシンは、耐久レースマシンに例えられますかね。
Core2世代で現役最速CPUと勝負できる最後の機会と思います。
昨年のパフォーマンス系の部門は、全部i7 EEにやられましたので、
今回は、Core2世代の最後の花火を中古Xeon X5470を2個で打ち上げです。
後は、Gulftownや、Westmere-EPにその座を譲るだけですね。

 今年のルールですと、Summaryのデータと、総合スコア、エクスペリエンスインデックスの
画面ですので、昨年のように総合スコア以外見るところが無いなら、エントリの
意味がありませんが、色々なデータが出ますので、審査の内容が楽しみです。
 

◆エントリーマシンの構成パーツ

マシン名:Z's WS Extreme Generation 1 Rev2.0

CPUXeon(Harpertown) X5470 E0 TDP120W@3.33GHz(333MHz×10)
   ⇒3.83GHz(404MHz×9.5)
CPU03830A545 2L83168 7A2454
CPU13830A545 2L83168 7A2469
M/BASUS Z7S WS
MEMORYCentury Micro CK2GX2-D2FE800L82x2  計8192 Mbyte
 2GB DDR2 800 FB DIMM 5-5-5 2rank  800MHZ⇒808MHz
 SPD 5-5-5-18-23 Setting 5-5-5-15-20(tCAS-tRCD-tRP-tRAS-tRC)
S/N(ロット)B1-DC8HYNA1459-6 4枚
HDDSSD:320GB RAID 0 + HDD:1.3TB(2TB) RAID 6
RAIDボードAdaptec ASR-51245 + Adaptec Battery Module 800T
システムRAID 0 SSDIntel X25-M G2 80GB SSDSA2MH080G2C1 x4
データRAID 6HDDHITACHI HTS723225L9A360 2.5 7200・SATA/250GB/16MB ×8
バックプレーンDIRAC CRS-S1042-SAS ×2
 DIRAC SNT-1042SS ×1
光学ドライブLG KUJ-850B BOX
ビデオカードGIGABYTE GV-R597D5-2GD-B 1機 @1000/1200MHz(Core/Mem)
VGA DriverCatalyst 9.12 hotfix
ケースLian-Li PC-A16(改)
電源Enermax EIN720AWT-JC INFINITI-720 + EMC007(CPUケーブル)
サウンドPCI Ex SB X-Fi Titanium Fatal1ty Champion Series SB-XFT-FCS
ファンPCIファン(RAID用):ZALMAN FZM-F3BL x1 (Φ120x25 1800rpm)
 システムファン:Owltech OWL-FY1225PWM x1(Φ120x25 1800rpm)
 VGA電源用ファン:XINRUILIAN RDL7025NMB25 x2
 CPUファンダミー:WideWork 4020M12S x2
  
 冷却系 
 CPU水枕Koolance CPU-345AC x2
 MCH水枕Koolance GPU-200
  VRM水枕Koolance MVR-40+自作バッファー板
GPU水枕Koolance VID-AR597
メモリクーラーOCZ XTC MEMORY COOLER(空冷)
ラジエターBlack ICE GTX 360 x2
ポンプLAING D5 x2
コントローラKoolance TMS-200 + TMS-EB200
 ラジエタープッシュファン用:SCYTHE KAZEMASTER
リザーバーKoolance TNK-200-V2 x2
センサ流量計:Koolance INS-FM16 x2、温度計:Koolance SEN-AP006G x2
ファンラジエターCPU:COOLER MASTER  R4-L2R-20AC-GP Blue x3
 ラジエターVGA:COOLER MASTER R4-L2R-20CR-GP Red x3
 ラジエタープッシュ:COOLER MASTER R4-L2R-20CG-GP Green x3
水冷装置用電源ZAWARD ST-220FAB/24 FLEX ATX 220W
クーラントCPU側:JINGWAY ICELAND COOLANT UV Blue 2本(1L)
 VGA側:Koolance LIQ-702RD-B Red 2本(1L)
フレームLubic
  
モニターDELL 2407WFP-HC(1920x1200)
  
UPSAPC Smart UPS 1400
  
消費電力最大700W、アイドル330W(水冷装置含む、モニタ除く)
発熱の程度水温約30℃。室温約28℃
高負荷時CPU:約60℃、 VGA: 約40℃、FB-DIMM:約80℃
アイドル時CPU:約40℃、 VGA: 約30℃、FB-DIMM:約60℃

GPUのOCのみ本祭典向けチューニング

◆使用OS

Windows 7 Ultimate DSP(64bit版)

導入理由は、ドメイン参加機能と、パソコン利用するので、マルチメディア機能を
備えたエディションとしたかったからです。
 

続きを読む "Windows 7杯 自作PCの祭典 2009 エントリー(Z'sWS Extreme)"

2010年1月 4日

Windows 7でのHD58xx,59xxベンチマーク情報

現Windows 7のエクスペリエンスインデックスの評価は、DirectX 11対応グラボの

評価には、赤信号と思われます。実際の能力は凄いです。(念のため)

Radeon HD 5870では、7.8となります。 HD 5970では、7.7となります。

この理由は、DirectX11対応のグラボだからと思われます。

DirectX 11は、Direct X 10の小規模の拡張と変更に留まっているから、DirectX 11が

速いハードは、DirectX 10も速いはずですが、つまり、ドライバが、適切に実現されていたらの

話です。

現Windows 7のエクスペリエンスインデックスの評価には、DirectX 11特有の評価項目は

無いし、ドライバの完成度が低いと、持っているハードの能力を発揮できないでしょう。

285SLI、295SLIレベルで、7.9となるのは、DirectX 9や10に対するドライバの完成度の高さ

故でしょう。現段階では、Cypressや、Hemlockの真価は、評価不能と言えます。

以下、グラフィックの評価の様子です。

Direct3D_9 Aero.jpgDirect3D_9 Batch.jpgDirect3D_9_Alpha_Blend.jpgDirect3D_9_Texture_Load.jpgDirect3D 9 ALU.jpgDirect3D_10_Batch.jpgDirect3D_10_Alpha_Blend.jpgDirect3D_10_Texture_Load.jpgDirect3D_10_ALU.jpgDirect3D_10_Geometry.jpgDirect3D_10_Constant_Buffer.jpg

 

Experience_Index_CF.jpg

上の画面は、HD5970で、CFがちょっと効いている例です。スコアは変化なしです。

Experience_Index_None_CF.jpg

上の画面は、HD5970で、CFが効いていない例です。スコアは変化なしです。

この状況から、HD 5970は、クロックが遅いHD 5870ということになりますので、

リファレンスの標準クロックでは、7.7も納得です。

725/1000 vs 850/1200(Core/Mem)の差がありますので当然でしょう。

Windows 7は、DirectX 11が売りじゃなかったけ〜?市場の状況やグラボメーカとの

政治的なやり取りを感じてしまう。グラボとWindows 7を一緒に買ったので、

これは、読めなかった。。。。

 

2009年11月 8日

Z's WS Extreme Gen. 1 Rev. 1.1

Z'sWS_Extreme1.1.jpg

 今回のVersion Upは、X5492 1600MHz 3.4GHzの仕様を完全に上回るためです。
バス周り、メモリ周りのクロックが、1600MHzを上回っていないと、ここで、勝ってない
と言われてしまいますが、これで、メーカー製のWSで幾らお金を注ぎ込んでも、
手にはいらないマシンになりました。

1.メモリ周り、バス周りをプチクロックアップ。
2.CPUをVCoreノーマルの限界まで、プチクロックアップ。
条件は、PC周辺温度31度以下の環境で、BOINCを24時間稼動が可能。
※検証は、季節もあって、30℃ちょっと超え以下でやってますが、
本機の冷却システムでは、CPUの動作限界温度に対して、室温30℃環境でも、
35℃以上余裕がありますので、もうちょい大丈夫と思います。
 

続きを読む "Z's WS Extreme Gen. 1 Rev. 1.1"

2009年3月16日

Super PI

 X5470を3.5GHzまでOCしてみました。普通に安定しています。
その後、3.6GHzまで上げてみましたが、OSは立ち上がって、フリーズは無い模様。
(Vcoreはautoのままなので1.1〜1.25V)
しかし、なんか、違和感があります。致命的には、至らずとも、
色んな保護機能が働いての動作に感じました。
Vcore をマニュアルで、上げないとダメのような感じです。

 最近は、多くのチャレンジャーの技術の蓄積で、多くの方が平然と4GHzオーバーの報告を
されていますので麻痺してしまいそうですが、よく考えると、3.5GHzは、
既に、色々配慮しないと、やばい領域です。X5470は、マージンギリギリのスペックです。
ということで、ダメージが無いうちに3.5GHzに戻してしまいました。

 これ以上は、冷却性能を上げた上で、Vcoreをいじって様子を見たいと思います。
今の状況ですと、CPUより、5400MCHや、FB-DIMMの方が不安です。RAIDカードは、
暴風にさらさないと、あっという間に90℃です。VGAは常に60℃以上。この上CPUが
爆熱を発生したら、破綻です。
 さて、Super PIのベンチ結果です。
 

続きを読む "Super PI"