Z's D. M. N.で“Mountain Mods”タグの付いているブログ記事

2014年5月13日

Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stage...

Member2014.JPG

 愛知県、名古屋、大須のGoodwillさんで、5 / 4, 5 Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stage

を無事実施できました。

会場に来て頂いた方々、ネットを見ていただいた方々、

その他、ご協力いただいた方々のおかげです。

改めて、皆様に御礼申し上げます。

今年は、Fusion-OCさんとのコラボでイベントを行いまして、大変有意義でした。

自作PC&OCへの思いは、国境を越えます。 

Big_Machines.JPG

関東圏に長く住んでいて、都内の様々なイベントに出かけてますが、

こういった自作イベントで、Mountain Modsをはじめ、これだけの

巨大マシンが集まったものは無いです。

手前から、Akira君の自作の巨大ケースのマシン(Core i7 3960X, R9 290 x3)

Uezono君のAscension CYO

Assai君のVegas Nightmare Ascension CYO(Core i7 3970X, R9 290X x3 )

私のマシンZ's WS Extreme G3 Extended Ascension CYO(Xeon E5-2687Wx2, 7990x2, RAID)

正直なところ、イベントやってる自分自身、こういう形で集まれたのが凄く嬉しかったです。

Xeon_demo.JPG

今回は、演算用の巨大マシンと、メインマシンに使っている水冷マシンを持ち込みました。

デモでは、CINEとかのXeonマルチコアマシン故のパワーをベンチアタックしても、

自分としては、面白くもない当たり前なので、実用ベースのOCメインマシンの

優位性を見せたかったのですが。。。

いざ、本番で、やったら、仮想マシンへのリモートデスクトップの接続までに時間がかかるは、

水冷OCマシンで、裏プロセスが稼働したせいか、パフォーマンスが出ない。。。。

メインマシンとして使っている水冷OCマシン環境をOSもそのまま持ち込んで、実用そのままと

行きたかったのですが、普段よりもっさりして、冷や汗ものでした。

このためだけに、ネット環境も、自宅と大体同じ環境を作ったのに、しょんぼりでした。

自宅では、ドメインコントローラとしてWindows Serververが居ますので、これをローカルマシンの

データで省略したので、探したり認証したりで、「ちょっとまった〜」のタイムラグが出た感じです。

パフォーマンス比較には、やはり、専用環境で解りやすくが鉄則ではありますが、あえて、

普段使ってる環境でのパフォーマンスにこだわったけど、なかなか、これを一発で見せるのは、

非常に難しいと勉強になりました。

WaterCooling_Demo.JPG

パソコンの水冷化も恒例となり、今回も、若いメンバによるデモを実施しました。

これから、こういったマシンを作るという若い方のデモは意味があります。

おっさんは、若者へバトンタッチせねば。。。

今年は、冷却性能が命の仕様というより、コストパフォーマンスが良い部品構成で、

比較的シンプルなシステムの製作をしました。

SHACHIのデモでは、ポンプがLAING D5、ラジはBLACKIOCE GTX480が多かったですが、

今回は、ポンプにJINGWAY、ラジは、BLACKICE Nemesis GTX480と初体験のパーツです。

裏では、ラジエタの固定金具は、EKのブラケットとローレットナットの組み合わせで、

安価で、取り付けが楽な実現ができました。8基のファンに対する配線は、私のXeonマシンの

ラジエタファンの一機分の配線を流用しました。(シンプルで大電流にも耐えます。)

時は流れ、ホントの爆熱、大消費電力部品から、幾分発熱も少なく小消費電力の部品に

移ってますので、水冷パーツも、私が使ってる部品より、今どきのCPU等に合う部品が出てきた

という感じです。

 

私のマシンは、Windows 8.1、Windowes Server2012R2でトライしましたが、

上手くいってないことをメモします。

続きを読む "Xtreme OverClock BreakThrough 5th Stageを終えて。"