Z's D. M. N.で“PC”タグの付いているブログ記事

2008年5月24日

Windows XP SP3 不具合

Windows XP SP3を適用してから不具合が出ています。

 SP3と、様々なソフトの相性確認ができてからの適用が良いかもしれません。

続きを読む "Windows XP SP3 不具合"

2006年12月26日

AOpen MZ-915M購入

MZ-915Mの店頭処分品を発見。
これは、買うしかない。
これはPCIExpress16を搭載しているので、
後々、パワーアップも可能。
これまでのネットリサーチ専用マシンのMZ-855IIを
サーバーマシンにしてしまったので、こちらをネットリサーチ専用マシンとして、
立ち上げることにしました。
シリアルATAも標準なので、MZ-855IIよりは、
しばらくは、Windowsマシンとして使えそう。

メモリ、1GB、シリアルATA 2.5インチHDD 80GB
CPU Pentium M740 1.73GHz
スリムタイプDVD CD−RW
の仕様としました。

2006年8月10日

AOpen EZ661Lをメインマシンへ

昨年、Linuxサーバ目的に買ったキューブマシンを
パワーアップして、Windowsマシンへグレードアップして、
これまで、使っていた、PentiumIIIデュアルマシンを退役させました。
このPCはうるさくてかなわないので、今回の改善となりました。
AGP×8しかないので、旧世代のGeForce6800 DDR2 512MBを
追加して、VGAを大幅強化して、メモリを512MB⇒1Gとしました。
しかし、いざ、稼動させたら、HDDが60℃以上にチンチンになって、
CPUも、思ったより冷えていないようです。
仕方が無いので、HDDにファンを追加して、ケースの外部に、
強制排熱ファンを追加しました。結局5個もファンを回す羽目になって
あまり静かなマシンにならなかった。前のマシンよりは、比べ物にならないほど
静かではありますが。人間欲が出ますのでこれでも、うるさいです。

2006年7月23日

AOpen MZ855II 2台目を購入

Windowsセカンドマシンとして、
ネットリサーチ専用マシンにちょうど良いと思い、
2台目を購入しました。
こちらもPentium M 740 1.73GHz メモリ 1GB
DVD/CD-RWの仕様です。
Plaggerを動かしたり、ちょっとした開発に使う
マシンとしては、良いかと思っています。

2006年7月18日

AOpen MZ855II購入

昨年に、Pentium4マシンで、Linuxサーバを作りましたが、
24時間稼動による電気代馬鹿食いと、Fedra Core 3
を満足に設定できず、眠らせていました。
中古屋を眺めていたら、なんと、Pentium Mのベアボーンが
買っても良いかなの値段で発見。
衝動買いでした。
CPUメモリ、RAID1ユニット、スリムサイズのDVD/CD-RW
メモリを買ってしまいました。
RAID1ユニットとHDDが一番高かった。
本体を安く買おうと思ったのに、本末転倒になってしまった。
Fedra Core 5を導入して、再度チャレンジです。

2006年4月30日

MacMini 購入

Power Macintosh 9600/300
を退役させてるために購入。
過去のMacデータの保守のために、
PowerPCモデルで、MacOS9のアプリが動かせる
最後の小型Macということで、買ってしまいました。
Intel Macが発売され、クラシック環境がサポートされなくなって、
品薄になって、中古で買ったにもかかわらず激高。
キーボードを新品、マウスを中古で、
合わせて104000円新品かそれ以上の価格じゃないこれ???